一般の方へ 〜その他教育研究活動について〜

森田健宏について(一般の方向け)

【職業】大学教員
・関西外国語大学 英語キャリア学部 教授

【趣味】アロマテラピー
「アロマテラピーアドバイザー」
(AEAJ日本アロマ環境協会)
 資格取得


【ライフワーク】いろいろあるのですが、10年、20年先の初等教育(幼稚園・小学校教育)やその環境をいろいろ考えています。

幼稚園等のICT活用を研究しています

「教育の情報化」が進められる中、なかなか幼稚園・保育所・認定こども園でのICT活用については導入が困難であると言われています。例えば、園務の一部をコンピュータ化することにより、子ども達と向き合える時間が増えることも考えられます。科研費を中心とした研究成果の他、教員免許状更新講習や幼稚園・保育所からのご相談にも応じています。
【これまでの実績】
・平成30年度〜 科学研究費助成(基金)(日本学術振興会)
  基盤研究(C)-18K02875
 「園務情報システム利用の有用性と実質化についての開発的研究」
  (研究代表者)
・2010年度教員免許状更新講習「園務情報化の具体的実践」
  担当講師
・2009年度教員免許状更新講習「ハイテクで子どもの安全を
  守れるか」担当講師 他

[2019.3.12]
小学校での「ヴァーチャル避難訓練」の開発研究

研究テーマの1つに、「子どもが自ら命を守る」ための教育があります。関係省庁や学会などでも、目標として掲げられているのですが、では、初等教育段階では具体的にどうすればいいのか?これは、まだ始まったばかりの教育研究ですので、いろんなアプローチから考える必要があると思っています。現在の主流は、「命を守るために自ら考える防災教育」で、確かにそれは大切なのですが、これは発達段階によって多様に考えていく必要があると思っています。私達大人でも知識ベースがないと有意義な議論ができないのと同じように、低年齢児に対して基礎知識がないままに、本能と稀少な経験だけで「自ら命を守る教育」は難しいと私は思っています。年間授業時数が少ない今の時代、直接体験的な避難訓練が難しい状況を鑑みて、手軽に多様な知見を育める「ヴァーチャル避難訓練」と「メディアを駆使した避難誘導」のシステムを構築できないかな、というのが1つの試みです。

参考ページ[http://www.morita-ism.net/image/Edmedia2013morita_Proceeding.pdf]
[2017.1.2]
関連情報
 
特にありません。
 
 
 

 

 

 

 


その他 情報
Welcome to MEGADANZ♪
 
  copyrights (C) 2019, Takehiro MORITA. All rights reserved.